楽天スーパセール開催中 会場はこちら

夏キャンプの暑さ対策9選|おすすめグッズを使って快適に過ごそう!

当ページのリンクには広告が含まれています。

夏キャンプと言えば暑さとの戦いになりますが、暑さ対策をしたり暑さ対策グッズを使うことで、ある程度は快適に過ごせるようになります。

むしろ、暑さ対策や暑さ対策グッズを知らずに夏キャンプに挑戦するのは、体調を崩したり熱中症のリスクがあったりと非常に危険です。

そこで、この記事では夏キャンプを少しでも快適に過ごせるように、夏キャンプの暑さ対策や暑さ対策グッズを紹介していきます。

らむね

夏キャンプはテントの設営だけでヘロヘロになったりと、想像以上に過酷なので甘く見ないように!

関連記事 夏キャンプで寝るときはどうしてる?寝袋や寝具はいらない?

関連記事 夏キャンプで焚き火はしない?する場合は暑さへの注意が必要

目次

夏キャンプの暑さ対策9選

夏のキャンプで暑くても快適に過ごせる暑さ対策を紹介していきます。

夏キャンプの暑さ対策9選
  • 標高の高いキャンプ場へ行く
  • 夏キャンプに対応したテントを使う
  • テントは涼しい日陰に設営する
  • テントは涼しい時間帯に設営する
  • 服装で体感温度を下げる
  • 寝袋などの寝具を夏仕様にする
  • 涼しくする冷却グッズを持参する
  • 焚き火や料理など火を使うことを避ける
  • 酷暑が予想される場合はキャンセルする

標高の高いキャンプ場へ行く

暑い時期のキャンプは標高の高いキャンプ場を選ぶことで、気温が下がり快適に過ごすことができます。標高が100m高くなると気温は約0.7度下がると言われており、標高1000mでは7度ほど低くなることになるので、夏キャンプは極力標高の高いキャンプ場を選ぶようにしましょう。

夏キャンプに対応したテントを使う

夏キャンプのテントはメッシュ生地にできたりベンチレーション機能で風通しを良くし、テント内に暑い空気が籠らないようにすることで、テント内の温度が高くなるのを抑えることができます。

これらのような暑さ対策のできないテントを使うとテント内が灼熱になってしまうので、しっかりと暑さ対策のできるテントを使いましょう。

  • メッシュ生地にできる
  • ベンチレーションが付いている
  • 遮光性の高い生地を使用

暑さ対策されたテントを選ぶ際はこれらのポイントに注目して探すようにしましょう。

らむね

テントのメッシュ生地は片面だけでなく両面にし対角線上に開けることで、より空気が巡回し風通しが良くなるよ!

テントは涼しい日陰に設営する

暑い時期にフリーサイトでキャンプをする場合は、木の影など日陰になるところに設営するのがオススメです。また、オートサイトで設営場所が決まっていても、風向きや日当たりの向きを考えることで暑さ対策をすることができます。

太陽は東から登り西に沈むので、入口を東側に向けて設営することで、西日がテント内に差し込むのを防ぐことができます。

らむね

林間サイトを選ぶと木が多く日陰が多くなるのでオススメ!

テントは涼しい時間帯に設営する

夏の日中は非常に暑くテントやタープの設営をするのは非常に大変です。しかも、灼熱の中テントの設営ができたとしても、テント内に暑い空気が溜まり日が落ちてもテント内の温度が下がりづらくなってしまいます。

なので、気温が下がり始める夕方16時〜17時頃にテントやタープの設営を始めましょう。ただし、日が暮れてしまうと暗くて設営ができないので、時間帯の見極めは大事です。

お昼の11時〜15時くらいが最も暑い時間なので、可能な限りこの時間は避けましょう。

服装で体感温度を下げる

通気性の良い服や吸水性の良い服を着ることで、体感温度を下げることができます。また、汗をかいた時のために替えの着替えを持っていくと、ベタベタ感が減りサッパリします。

寝袋などの寝具を夏仕様にする

コットを使うことで風通しが良くなり熱が溜まりにくくなります。

涼しくする冷却グッズを持参する

必須アイテムと言って良いですが、キャンプサイトで扇風機やサーキュレーターを使うのは暑さ対策としてかなり効果があります。他にはネッククーラーやひんやりタオルで首元を冷やしたり、クーラーボックスや保冷剤を使い冷たい飲み物で水分補給するのは非常に効果があります。

らむね

熱中症対策として塩飴を舐めたりと塩分補給するのも大事だよ!

焚き火や料理など火を使うことを避ける

暑い時期のキャンプ場は夜になっても30度を超えている場合があり、焚き火や火を使うような料理をするとさらに暑くなってしまうので、夏キャンプは焚き火をやめたり火を使わない料理にするのも暑さ対策として有効です。

酷暑が予想される場合はキャンセルする

予約した時期が7月後半から8月下旬の間で、キャンプ場の標高が高くなく35度を超えるような酷暑が予想される場合は、予約をキャンセルすることも視野に入れましょう。

キャンプの予約をキャンセルすると日程によってはキャンセル料がかかってしまいますが、暑さ対策を行っても暑さに耐えきれず体調が悪くなったり熱中症になる危険性もあるので、最悪の場合を想定しキャンセルする勇気も時には必要です。

夏キャンプの暑さ対策グッズ

夏キャンプの暑さ対策を紹介してきましたが、その中でも出てきた暑さ対策グッズのオススメを紹介していきます。

夏キャンプの暑さ対策グッズ
  • 扇風機・サーキュレーター
  • ネッククーラー・クールリング
  • 冷感タオル・クールタオル
  • ひんやりスプレー
  • 水分・塩分補給グッズ
  • 帽子・ハット
  • 保冷剤・冷却剤
  • クーラーボックス
  • 保冷缶ホルダー
  • ポータブル電源

扇風機・サーキュレーター

扇風機やサーキュレーター、ハンディファンは必須アイテムと言って良いほどの暑さ対策グッズです。

ネッククーラー・クールリング

最近流行っているネッククーラーは首元を冷やし体感温度を下げることができる、非常に効果的な暑さ対策グッズです。

冷感タオル・クールタオル

首元に掛けても冷やしたり腕や足などに掛けて冷やすことができる冷感タオルは、日常でも使えるオススメの暑さ対策グッズです。

ひんやりスプレー

インナーシャツ越しに背中などにかけることで、数時間の間かけたところがひんやりする、ひんやりスプレーもオススメの暑さ対策グッズです。

水分・塩分補給グッズ

暑さ対策として飲み物の持参は必須ですが、塩分を補給する塩飴なども暑さ対策グッズとして優秀です。

帽子・ハット

帽子やキャンプハットを被ることで、頭や顔を直射日光から守ることは大事な暑さ対策です。

保冷剤・冷却剤

キャンプには飲み物や食材を持っていくはずですが、暑い時期だとクーラーボックスに入れるだけではすぐにぬるくなったり傷んでしまうので、長時間キンキンに冷やしておける保冷剤は必須。

クーラーボックス

夏キャンプに限らず春や秋のキャンプでも大活躍するクーラーボックスは、飲み物や食材を暑さから守る暑さ対策グッズです。

保冷缶ホルダー

ペットボトルや缶などの飲み物をぬるくさせない為の暑さ対策グッズとして、保冷缶ホルダーを使うのが効果的です。

ポータブル電源

暑さ対策グッズの扇風機やサーキュレーター、ハンディファンを稼働させたり充電するのにポータブル電源が必要になってきます。

まとめ:夏キャンプの暑さ対策と暑さ対策グッズを使って快適に過ごそう!

この記事では『夏キャンプの暑さ対策9選|おすすめグッズを使って快適に過ごそう!』について書いてきました。

冒頭に紹介したとおり、暑さ対策や暑さ対策グッズを知らずに夏キャンプをするのは非常に危険です。

夏キャンプの暑さ対策9選
  • 標高の高いキャンプ場へ行く
  • 夏キャンプに対応したテントを使う
  • テントは涼しい日陰に設営する
  • テントは涼しい時間帯に設営する
  • 服装で体感温度を下げる
  • 寝袋などの寝具を夏仕様にする
  • 涼しくする冷却グッズを持参する
  • 焚き火や料理など火を使うことを避ける
  • 酷暑が予想される場合はキャンセルする

なので、本記事で紹介してきた夏キャンプの暑さ対策や暑さ対策グッズを知り、少しでも暑さを軽減し快適に過ごせるようにしましょう!

関連記事 夏キャンプで寝るときはどうしてる?寝袋や寝具はいらない?

関連記事 夏キャンプで焚き火はしない?する場合は暑さへの注意が必要

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次