【2日間限定】年に1度の超お得なAmazonプライムデー開催中!会場はこちら

ダイソーの焚き火台『マイクロストーブ』が超優秀!100均とは思えないクオリティ

当ページのリンクには広告が含まれています。
ダイソー焚き火台マイクロストーブ
年に1度の16日17日の2日間限定!

超お得なAmazonプライムデー開催中!

\ 年に1度の超お得なビッグセール!/

らむね

年に1度の大量買いのチャンス!見逃さないで!

ソロキャンプ用にコンパクトな焚き火台を探していたところ、ダイソーで1〜2人用の焚き火コンロ『マイクロストーブコンロ』を発見しました!

ただ、100均なのに1,000円もするので即買いとはいきませんでしたが、普通のソロ用焚き火台を買うよりは断然に安いので、迷った挙句に購入して使ってみました。

そこで、私と同じように購入を迷っている方のために、実際のマイクロストーブの使い心地や気になるところを徹底的にまとめました。

らむね

100均の商品として見ればかなりのクオリティ!

目次

ダイソーの焚き火台『マイクロストーブ』のスペックをレビュー

まずは簡単に、ダイソーの焚き火台『マイクロストーブ』のスペックをレビューしていきます。

商品名マイクロストーブコンロ
使用人数1〜2人
炭目安500g
付属品網、ロストル、収納袋
カラーブラック

使用人数は最大2人で、網、ロストル、収納袋と付属品はわりと豊富に付いていますので、火と炭さえあれば、すぐにでも焚き火台やコンロとして使えます。

らむね

ダイソーでは炭や着火剤も買えるので、一緒に買えばすぐに始められますね!

ダイソーの焚き火台『マイクロストーブ』を使った感想

ダイソーの焚き火台『マイクロストーブコンロ』を使った感想を以下のようにまとめました。

ダイソーの焚き火台『マイクロストーブ』を使った感想
  • 組み立てがとても簡単
  • 桜模様のデザインがオシャレ
  • ダイソーの焚き火シートとピッタリ
  • 網とロストル付きなのが便利
  • 収納袋付きなのが嬉しい
  • 収納サイズが非常にコンパクト
  • 綺麗に開くので洗いやすい
  • 炭は目一杯入れるのがポイント
  • 炭の追加は網をどける必要がある
  • サイズ的に2人で使うのは厳しい

組み立てがとても簡単

実際に組み立て作業をしてみましたが、説明書を見ることなくとても簡単にできました。

観音開きになっているサイドのフック部分が若干固い感じはありましたが、不慣れな方でも問題なく組み立てができるはずです。

らむね

写真付きの詳しい組み立て方は後述しています!

桜模様のデザインがオシャレ

焚き火台の写真がパッケージの表紙にも映っていたのでイメージは何となく湧いていたのですが、実際に開封し組み立ててみたところ、桜模様が和風な感じで凄くオシャレな感じです。

和を感じるようなデザインに惹かれる人には、相性ピッタリなデザインとなっています。

ダイソーの焚き火シートとピッタリ

ダイソーの焚き火シート(330円)を一緒に買って使ってみましたが、サイズ感的には非常に良い感じでしたので、焚き火シートを持っていない方は合わせて買うのもアリです。

ただ、ダイソーの焚き火シートを使ったところ裏面に焦げあとが付いたりと耐熱性が少し不安なので、あまり過信をした使い方はしない方が良いです。

関連記事 【100均】ダイソーの焚き火シートをレビュー|330円の強化バージョンが出た!

網とロストル付きなのが便利

箱を開封してみると付属品として網が付いていたので、火起こし道具と炭があればすぐにでもBBQを始められます。

また、ロストルも付いているので、ロストルの上にシェラカップを置けば水や料理などを温める事も可能です。

らむね

網がダメになっても買いなおせます!

関連記事 ダイソーのバーベキュー焼き網のサイズや使用感は?実際に買って使ってみた!

収納袋付きなのが嬉しい

ダイソーの焚き火台には収納袋が付いています。

こういった焚き火台は1度使うとかなり汚れてしまい、洗っても汚れは中々落ちませんので、焚き火台を裸のまま収納すると周りが汚れてしまいます。

なので、焚き火台に収納袋は必須になるのですが、サイズ感がピッタリなものを探すのは大変なので、最初から収納袋が付属で付いているのは凄く便利!

収納サイズが非常にコンパクト

ダイソーの焚き火台は1〜2人用と言うこともあり収納サイズが非常にコンパクトになっています。

実際に手の大きさと比べてみても、男性の手のひらサイズくらいなので、持ち運びや収納に困ることはないでしょう。

綺麗に開くので洗いやすい

収納袋があるとは言え、ある程度綺麗に洗ってからしまうのですが、コンパクトなうえしっかりと開いて洗うことができるので、非常に洗いやすいです。

ちなみにダイソーに売っているBBQブラシで洗ったのですが、非常に相性がよかったのでオススメ!

炭は目一杯入れるのがポイント

最初は炭を6割くらいまで入れて使ってみたのですが、火がなかなか網まで伝わらず焼くのに時間がかかりました。

その後、炭を9割くらいまで入れ焼き直したところ、かなりのスピードで肉が焼けたので、可能な限り炭をたくさん入れるのが早く焼くポイントです!

らむね

炭は500gくらい買っておけば、少し余る感じで丁度良いです!

炭の追加は網をどける必要がある

これは極々普通のことではありますが、BBQコンロとして使っている最中に炭を追加したくなったら、1度網をどけて上から追加する感じになります。

一応、焚き火台のサイドが観音開きに開くようになっておりますが、実際に使う時はしっかりとフックで閉めてから使うので、途中で開くのは控えた方が良いでしょう。

サイズ的に2人で使うのは厳しい

実際に焼き鳥を焼いてみましたが、一度に焼ける本数はせいぜい2本なので、コンロとして使う場合は2人分をガンガン焼くのは難しいです。

なので、串系をガンガン焼きたい場合は、もう少し大きな焚き火コンロを使った方が効率が良いでしょう。

ダイソーの焚き火台の組み立て方

ダイソーの焚き火台の組み立て方を写真付きで解説していきます。

STEP
収納袋から出します
STEP
真ん中から両サイドに広げます
STEP
壁になる部分を4か所広げます
STEP
両サイドの壁を立てます
STEP
観音開きになっている壁を閉めます
STEP
観音開きになっている壁のフックを閉めます
STEP
最後に網を乗せて完成
らむね

すごく簡単ですよね!

ダイソーで焚き火グッズが揃えられる

ダイソーの焚き火台、焚き火シート、炭、着火剤、火ばさみ、火吹き棒、BBQブラシ

今回はダイソーの焚き火台と言うことで、周りの道具もダイソー商品で揃えてみました。

あくまで100均なので使い心地の感想は人それぞれだと思いますが、そこまで品質を求めないならば十分に使えるものばかりです。

ダイソーの焚き火グッズ

関連記事 【100均】ダイソーの焚き火シートをレビュー|330円の強化バージョンが出た!

関連記事 ダイソーの火吹き俸を徹底レビュー|初めて買うなら十分に使える!

関連記事 【100均】ダイソーの炭ってどうなの?実際にキャンプで使ってみた感想

関連記事 ダイソーのバーベキュー焼き網のサイズや使用感は?実際に買って使ってみた!

関連記事 【100均】ダイソーのバーベキューブラシをレビュー|焼き網の掃除はコレで十分!

まとめ:ダイソーの焚き火台はソロ用としてはかなり良い!

この記事では『ダイソーの焚き火台『マイクロストーブ』が超優秀!100均とは思えない使い心地』について書いてきました。

紹介してきたとおり、100均の道具としては非常に使い心地の良いものになっています。

ただ、100均商品とは言え1,000円もしますので、ソロ用の焚き火台を探すなら他も検討してみるのがオススメ。

らむね

ダイソーのキャンプ用品って本当に優秀だね!

関連記事 キャンプに最低限必要なものは?初心者が揃えるべき道具を一覧で紹介!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次