Amazonタイムセール開催中!会場はこちら

コスパ最高の鋳造ペグおすすめ5選|安くて頑丈な使い勝手の良いペグ

当ページのリンクには広告が含まれています。
鋳造ペグおすすめ

数あるペグの中で固定力と耐久性がありコスパ最高なのが鋳造(ちゅうぞう)ペグなのですが、選び方を失敗すると簡単にフックが折れたり塗装が剥げてしまうことも。なので、どのメーカーの鋳造ペグを購入するかは非常に重要です。

しかも、鋳造ペグは日本ブランドではなく馴染みのない海外ブランドのものが多く、どれを買えば良いのか分からないのがネック。

そこで、この記事では

など、実際にあらゆる鋳造ペグを使っている私が、鋳造ペグのおすすめを徹底的にまとめました。

らむね

迷っているなら1位のsoomloomのスチールペグを選べば間違いないです!

目次

安くてコスパ最高の鋳造ペグおすすめランキング5選

あらゆる鋳造ペグを使っている私が厳選したおすすめの鋳造ペグは以下の5つです。

比較表も作ったので、サクッと見たい方は参考にしてください。

商品名商品画像おすすめ度サイズ重さ 材質収納袋価格
soomloom スチールペグ
(5.0 / 5.0)
300mm
(200mm/250mm/280mm)
約180g
(123g/150g/165g)
スチール製あり16本:1,980円
YOGOTO ‎合金鋼ペグ
(4.5 / 5.0)
200mm
(300mm)
約126g
(183g)
‎合金鋼あり15本:2,280円
(自在金具付き)
M-STYLE スチールペグ
(4.5 / 5.0)
250mm約130gスチール製選択制12本:1,999円
OUTDOORMASTER 炭素鋼ペグ
(4.0 / 5.0)
300mm約180g炭素鋼あり10本:2,199円
キャンピングムーン スチールペグ
(4.0 / 5.0)
200mm
(300mm/400mm)
約113g(200g/258g)炭素鋼なし8本:2,078円

1位:Soomloom スチールペグ

メーカー商品名 soomloom
スチールソリッドペグ
サイズ200mm/250mm/280mm/300mm
重さ123g/150g/165g/180g
カラー黒色
材質スチール
収納袋あり
価格
※楽天市場
16本:1,980円

Soomloomのスチールペグは鋳造ペグにも関わらず1本180gと鍛造ペグのような重さがあり、強度も貫通力も高く地面にガンガン打ち込める非常に人気のある鋳造ペグです。

また、打ち込み部のヘッド部分が15mmと比較的に太く、ペグのフック部分にオレンジ色の反射材入りロープが付いており夜でも見やすいのが非常に魅力的。

これだけ機能性が良く、ペグのフックに反射材入りロープやペグの収納袋が付いて16本で約1,980円とコスパ最高のおすすめ鋳造ペグです。

らむね

soomloomのキャンプ道具はコスパ最高なものばかり!

2位:YOGOTO ‎合金鋼ペグ

メーカー商品名 YOGOTO 合金鋼ペグ
サイズ200mm
(300mm)
重さ126g
(183g)
カラー黒色
材質合金鋼
収納袋あり
価格
※楽天市場
15本:2,280円
(自在金具付き)

YOGOTOの合金鋼ペグはヘッド部分が分厚く円柱形になっているので打ち込みやすく、先端を圧縮して製造しているのでかなり強度が高いです。

また、ロープを掛けるフック部分はレーザー溶接で隙間なく溶接されているので外れにくく、反射材入ロープがついているので夜でも光を反射して見やすいのが非常に魅力的。

頑丈な合金鋼ペグが15本、フックに反射材入ロープ、アルミ自在金具8個、ファスナー付の収納バッグが付いて2,000円台で購入できるコスパ最高のペグセットです。

らむね

YOGOTOのキャンプ道具ペグハンマーもコスパ最高と非常に人気なので、YOGOTOで揃えて購入するのもオススメ!

3位:M-STYLE スチールペグ

メーカー商品名 M-STYLE スチールペグ
サイズ250mm
重さ約130g
カラー黒色
材質スチール
収納袋選択できます
価格12本:1,999円

M-STYLEのスチールペグはヘッド部分が分厚く円柱形になっているので打ち込みやすく、特殊な伸線加工で圧縮している強度の高いペグです。

また、ペグの先端には怪我をしないようにキャップが付いていたり、ロープを掛けるフック部分がレーザー溶接で隙間なく溶接されているので外れにくいのも非常に魅力的。

キャップが付いた強度の高いスチールペグが12本1,960円で購入できるのはコスパが良くおすすめです。

らむね

ペグ先のキャップが欲しい人には相性ピッタリ!

4位:OUTDOORMASTER 炭素鋼ペグ

メーカー商品名OUTDOORMASTER
炭素鋼ペグ
サイズ300mm
重さ約180g
材質炭素鋼
カラー黒色
収納袋あり
価格10本:2,199円

OUTDOORMASTERのペグは炭素を多く含むことで硬度や強度にこだわった強度の高い高炭素鋼ペグです。

また、高価な鍛造ペグによく使われる黒電着塗装処理がされているので、防錆性能が非常に優れています。

非常に強度が高く防錆性能に優れた高炭素鋼ペグが10本約2,000円で購入できるのはコスパが良くおすすめです。

らむね

OUTDOORMASTERのペグはペグハンマーや収納袋とのセットでも購入することができるので、そちらもオススメですよ!

5位:キャンピングムーン スチールペグ

メーカー商品名 キャンピングムーン
スチールペグ
サイズ200mm/300mm/400mm
重さ約113g/200g/258g
カラー黒色
材質炭素鋼
収納袋選択できます
価格8本:2,078円

キャンピングムーンのペグはヘッドを平にすることで打撃を受ける面を大きくし、より垂直に力が加わるように設計された炭素鋼ペグです。

また、高価な鍛造ペグによく使われるカチオン電着塗装処理がされているので、防錆性能が非常に優れています。

打撃面が大きく防錆性能に優れた炭素鋼ペグが8本で約2,000円と比較的に高めですが、品質的にはおすすめできるペグです。

鋳造ペグとは?鍛造ペグとの違い

鋳造(ちゅうぞう)ペグとは、鋼などの金属製の材料を高温になるまで熱し、高温の状態で型に流し込むことで作られているので、ある程度の強度を持ちつつも量産がしやすく価格が安い傾向にあります。

また、鋳造ペグとよく比較される鍛造(たんぞう)ペグは、鋼などの金属製の材料を高温(約1000℃)になるまで熱し、高温の状態に強力な圧力を加えることによって作られているので、非常に強度や固定力が高いのですが価格が高い傾向にあります。

そして、実際の使い心地の違いについては、より強度の高い鍛造ペグの方が地面に刺さるスピードは速いのですが、劇的に変わるわけではないので安く手に入る鋳造(ちゅうぞう)ペグから始めるのも全然アリです。

鋳造ペグと鍛造ペグの違い

鋳造ペグ鍛造ペグ
強度高い最強
耐久性高い最強
固定力高い最強
デザイン性ほぼ同じさまざま
価格安い高い
らむね

コスパを優先するなら鋳造ペグ、機能性を優先するなら鍛造ペグを選ぶって感じですね!

鍛造ペグが気になる方はこちら

鋳造ペグのメリット・デメリット

実際にあらゆる鋳造ペグや他の種類のペグを色々と使ってきた私が、鋳造ペグのメリットとデメリットを簡単にまとめました。

メリット
デメリット
  • コスパが非常に良い
  • 先端が鋭く耐久度が高いのでガンガン地面に刺さっていく
  • ペグに重さがあるので地面の中での固定力が高い
  • ペグに重さや長さがあるのでファミリー用テントにもタープにも使える
  • 重さがあるので持ち運びは大変
  • 鍛造ペグに比べると固定力や耐久性は劣る場合が多い

鋳造ペグのメリット・デメリットを上記のとおりまとめてみましたが、鋳造ペグは1本あたりの価格が100円台が多かったりと非常にコスパが高く、ペグ打ちの際の地面への刺さり具合も良く地面の中での固定力も高いので、非常にオススメの種類のペグです。

ただ、ペグの重さが1本180gくらいと結構あるので徒歩キャンプには向かないですし、鍛造ペグと比べると固定力や耐久性は劣ります。

とは言え、徒歩キャンプ以外では大活躍しますし鍛造ペグよりかなり安いので、初心者が最初に手にするペグとしては非常にメリットの多いペグとなっています。

らむね

個人的には最初に買う丈夫なペグは、鍛造ペグより鋳造ペグの方が良いと思います!

鋳造ペグの選定基準/選び方

紹介したおすすめ鋳造ペグの選定基準/選び方をお伝えします。

  1. 価格が安くコスパが良い
  2. 実際のレビュー・口コミ・評判が良い
  3. 頑丈な素材で強度がある
  4. フック部分がしっかりと溶接されている

上記の選定基準を満たしている鋳造ペグをランキング順に紹介しましたが、これが鋳造ペグを選ぶ際の重要なポイントです。

らむね

条件をしっかりと決めることで意外と候補は少なくなりますよ!

鋳造ペグは100均でも買える

本記事のおすすめランキングには入っていませんが、100均のダイソーやセリアでも鋳造のスチールペグを購入することができますので、どうしても最安値でスチールペグを手に入れたい方は、ダイソーのスチールペグセリアのスチールペグも検討してみてください。

らむね

100均なので色々とデメリットはありますが、使えないことはないよ!

セリアのスチールペグのレビュー

ダイソーのスチールペグのレビュー

鋳造ペグには頑丈なペグハンマーを使おう!

鋳造ペグは紹介してきた通り頑丈なペグなので、アルミやプラスチック素材などの耐久度の低いペグハンマーを使っているとペグハンマーが負けてしまいペグが刺さっていきません。

なので、鋳造ペグを使ってみようと考えている方は、ヘッドが頑丈なペグハンマーを使いましょう。

コスパを優先するならこちら

まとめ:安くて頑丈なコスパ最高の鋳造ペグを手に入れよう!

この記事では『コスパ最高の鋳造ペグおすすめランキング5選|安くて頑丈な使い勝手の良いペグ』について書いてきました。

紹介してきたおすすめの鋳造ペグは耐久性もあり強度が高いので、メインのペグとして十分に使うことのできるペグです。

また、鍛造ペグやチタンペグに比べて価格が安く非常にコスパが高いので初心者に超オススメのペグ

らむね

迷っているなら1位のsoomloomのスチールペグを選べば間違いないです!

関連記事 コスパ最強の安いペグハンマーおすすめ9選|初心者でも使えるものを厳選して紹介!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次