楽天スーパセール開催中 会場はこちら

最強のペグハンマー5選|硬い地面でもガンガン打ち込む相棒!

当ページのリンクには広告が含まれています。
最強のペグハンマー

最強のペグハンマーを使うことで、硬い地面でもガンガン打ち込め、ペグ抜きもちゃんとできるため、テントの設営時間や撤収が早くなります。

少し価格が高くなりがちではありますが、ペグ打ちやペグ抜きを快適にすることは、キャンプをするうえで非常に大事なポイントなので、購入後に後悔することはないはずです。

それでは、ペグハンマーを20本以上持つマニアの私が、最強のおすすめペグハンマー5選と選び方を紹介していきます。

らむね

最強のペグハンマーは色々とあるけど、スノーピークのペグハンマーPRO.が本当に最高なので、ぜひ検討してみてください!

目次

最強のペグハンマー5選

最強のおすすめペグハンマーは以下の5つです。

最強のペグハンマーおすすめ5選
  • snow peak ペグハンマーPRO.S
  • 村の鍛冶屋 アルティメットペグハンマー
  • ロゴス パワーペグハンマー
  • YOGOTO ペグハンマー
  • VASTLAND ペグハンマー

snow peak ペグハンマーPRO.S

メーカー商品名snowpeak ペグハンマーPRO.S
サイズヘッド:3.2×12.1cm
長さ:29.2cm
重さ約670g
ヘッドの材質スチール製
グリップの材質木製
安全ベルトあり
(ヘッド付近)
収納ケースなし
Amazon価格5,280円
レビュー記事詳細はこちらをタップ

snowpeakのペグハンマーPRO.Sはヘッドが鍛造仕上げでオールスチール素材(銅素材はPRO.C)と非常に頑丈にできているので、最強の鍛造ペグ『ソリッドステーク』さえもガンガン打ち込める最強のペグハンマーです。

また、ペグ抜きは多種のペグに対応した万能なフック型を採用し、滑りやすいイメージの木製グリップには凹凸をつけるなどの滑り止め加工がされており、持ちやすさにも非常にこだわりをもっています。

価格は5,000円台とそこまで安くはないですが、どんなに硬い地面でも打ち込めペグ抜きの形にこだわった鍛造仕上げのスチール製ヘッド、高級感のあるデザインを保ちつつも凹凸の滑り止め加工で握りやすくなっている木製グリップ、打ち込みやすい長さと重量感、すっぽ抜け防止の安全ベルトが備わったスノーピークが誇る最高級のペグハンマー

らむね

今までに20本以上のペグハンマーを扱ってきましたが、間違いなく最高のペグハンマーです!

メリット
デメリット
  • Amazon売れ筋ランキング上位
  • 鍛造仕上げで頑丈なスチール製ヘッド
  • シンプルで高級感がありかっこいい
  • スノーピークの最高峰ペグハンマーで所有欲が満たされる
  • ペグ抜きの形にこだわったヘッド
  • 重心がヘッド側で打ち込みやすい
  • 重さやサイズ感が非常に良い
  • グリップが握りやすい
  • 凹凸や滑り止め加工をしたグリップ
  • 安全ベルトが使いやすい
  • 安くない

村の鍛冶屋 アルティメットペグハンマー

メーカー商品名村の鍛冶屋
エリッゼステークアルティメットハンマー
サイズヘッド:4.2×12.6cm
長さ:32cm
重さ約600g
ヘッドの材質ステンレス製/真鍮製
グリップの材質木製
安全ベルトあり
(グリップ部分)
収納ケースなし
Amazon価格6,160円
レビュー記事作成中

村の鍛冶屋のエリッゼステークアルティメットハンマーはヘッドが鍛造仕上げのステンレス製/真鍮製の2種類を用意しており、非常に頑丈なヘッドで最強の鍛造ペグ『エリッゼステーク』さえもガンガン打ち込める最強のペグハンマーです。

また、ペグ抜きは多種のペグに対応した平行に近いフック型を採用し、湾曲したグリップが非常に持ちやすく多くのキャンパーを虜にしています。

価格は6,000円程と安くはないですが、どんなに硬い地面でも打ち込める鍛造仕上げのヘッド、湾曲した握りやすい木製グリップ、所有欲を満たせるワイルドなデザイン、すっぽ抜け防止の安全ベルトが備わった最高級のペグハンマー

らむね

スノーピークのペグハンマーと1,2位を争うほど人気があります!

メリット
デメリット
  • 有名なアウトドアブランド
  • 鍛造仕上げで頑丈なステンレス製/真鍮製ヘッド
  • 衝撃をやわらげる打ち心地最高な真鍮製ヘッド
  • 形にこだわったペグ抜き
  • ペグをガンガン打ち込める重量
  • 湾曲した握りやすい木製グリップ
  • すっぽ抜け防止の安全ベルト付き
  • ワイルドな所有欲を満たすデザイン
  • 安くない

ロゴス パワーペグハンマー

☆樹脂製の波形グリップが非常に持ちやすい握り心地最高のペグハンマー

メーカー商品名ロゴス パワーペグハンマー
サイズ11.5×30.5cm
重さ約680g
ヘッドの材質
グリップの材質樹脂製
安全ベルトあり
(ヘッド付近)
収納ケースなし
Amazon価格5,781円
レビュー記事詳細はこちらをタップ

ロゴスのペグハンマーはヘッド部分が非常に丈夫な鋼を採用しており、グリップ部分は握りやすいように波形型で材質は滑りにくい樹脂製を採用しているので、握ったときのフィット感が最高なペグハンマーです。

また、ヘッドのペグ抜きは細く非常に使いやすい形になっているので、鍛造ペグやピンペグのような多種のペグに対応しています。

価格は5,000円程度と安くないですが、最高の握り心地なグリップや丈夫な鋼製ヘッドのおかげで、鍛造ペグでもガンガン打ち込める最高級のペグハンマーなので非常におすすめできます。

らむね

握り心地や振り心地は間違いなくトップレベル!

メリット
デメリット
  • 有名なアウトドアブランド
  • 波形型の樹脂製グリップで握り心地が最高級
  • 丈夫な鋼製のヘッド
  • ガンガン打ち込める重さ
  • 細くて万能なペグ抜き
  • すっぽ抜け防止の安全ベルト付き
  • 目立つオレンジカラー
  • 安くない
  • デザインの好みが分かれる

YOGOTO ペグハンマー

VASTLAND ペグハンマー

最強のペグハンマーを使うメリット・デメリット|メリット盛りだくさん

最強のペグハンマーを使うメリットとデメリットを紹介していきます。

最強ペグハンマーのメリット

最強のペグハンマーを使うメリットは主に5つ。

  • 硬い地面でもガンガン打ち込める
  • 頑丈なペグでもガンガン打ち込める
  • ペグ打ちが早く終わる
  • 見た目がワイルドでカッコイイ
  • ペグ抜きもしっかりとできる

最強のペグハンマーを使う最大のメリットは、硬い地面やスチールペグのような頑丈なペグでもガンガン打ち込めることです。なので、ペグ打ちが早く終わりますので設営時間を短縮できます。

また、見た目もワイルドでかっこいいものが多く、ペグ抜きもしっかりとできるので、非常にメリットの多いペグハンマーとなっています。

最強ペグハンマーのデメリット

最強のペグハンマーを使うデメリットは主に2つ。

  • 価格が高いものが多い
  • 重量の重いものが多い

最強のペグハンマーを使うデメリットは、メリットで紹介したとおり非常に高性能なペグハンマーになるので、どうしても価格が高くなってしまうこと。

また、ガンガン打ち込める分、重さがあるので持ち運びか少し大変です。車での移動なら良いですが、徒歩キャンプだと軽いペグハンマーの方が良いでしょう。

最強のペグハンマーを選ぶポイント

最強のペグハンマーを選ぶポイントは主に7つ。

  • ヘッドが頑丈な素材を選ぶ
  • ペグ抜きが使いやすいものを選ぶ
  • ある程度重さのあるものを選ぶ
  • 安全ベルトの付いているものを選ぶ
  • コンパクトなものを避ける
  • ゴム製やアルミ素材を避ける
  • 得体の知れない安物を選ばない

最強のペグハンマーとは硬い地面でもガンガン打ち込めるペグハンマーのことなので、ヘッドの素材がスチール製や銅製などの丈夫なもので、重さが500g以上とある程度の重さがあるものを選びましょう。

また、硬い地面に打ち込むことを想定し、ペグ抜きがしやすいものを選ぶのも非常に重要です。

らむね

力強くガンガン打ち込むため安全ベルトも必須。手に巻き込んで打てば力も入れやすい!

逆に、アルミ製やゴム製のようなコンパクトで軽いペグハンマーは、アルミペグなどの軽いペグを打ち込む用なので、硬い地面でもガンガン打ち込める最強のペグハンマーを探している方は選ばないようにしましょう。

まとめ:最強のペグハンマーを使えばガンガン打ち込める!

この記事では『最強のペグハンマーおすすめ5選|硬い地面でもガンガン打ち込む相棒!』について書いてきました。

紹介してきた最強のペグハンマーを使えば、硬い地面でもガンガン打ち込めるし、ペグ抜きもしやすいので、テントの設営や撤収を早く終わらせることができます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次