楽天スーパセール開催中 会場はこちら

キャンプの防犯対策11選|盗難防止グッズで窃盗からテントを守る!

当ページのリンクには広告が含まれています。
キャンプ防犯対策

色々と物騒な世の中ですが、残念ながらキャンプ中も例外ではありません。

実はキャンプ場で大切なキャンプ道具が盗まれてしまったという声は意外と多いのです。

このキャンプ用品の盗難については、ちょっとした工夫や盗難防止グッズを使うなどの防犯対策をすることにより、被害にあう可能性をかなり減らすことができます。

そこで、この記事では実際にキャンプ場で行われている盗難防止対策盗難されやすいもの盗難が起きやすい状況について徹底的にまとめました。

玉置恭一

予め物色しているような窃盗犯であればお目当ての高価なものが布一枚しか隔たれていないテントの中に、あるいは剥き出しの状態であるキャンプ場はまさにパラダイスのような場所です。
意識した防犯対策が必要です。

本記事の監修者情報

玉置恭一

鍵・防犯のスペシャリスト

22歳から鍵職人として始動。ジャパンロックレスキューサービス株式会社 専務取締役、株式会社ミライアン 代表取締役を経て、ジャパンベストレスキューシステム株式会社入社。同社退社後、株式会社ミライアン再始動。 現在は凄腕鍵開け職人として、多数のテレビ番組にも出演中。・所有資格等:総合防犯設備士

オフィシャルサイト:https://kinkoterasu.com/

らむね

本記事は様々なテレビ番組(所ジョージさんの番組など)に出演している、玉置恭一さんに監修していただいております!

目次

盗難が起きやすい状況とは?

キャンプ場で盗難が起きやすい状況は、主に以下の2つです。

それぞれについて、わかりやすく解説していきます。

お風呂などでテントを離れるとき

1番盗難の被害が多い状況は、お風呂や買い出しなどで長時間テントを離れているときです。

特に他のキャンパーとの距離が遠いキャンプサイトだったり、日が落ちて暗くなってきているときが非常に被害にあいやすくなってしまいます。

キャンプ中は極力テントから長時間離れる事の無いようにすることが大事です。

らむね

キャンプ場ではお風呂に入らない選択肢なんかもありますよ!

お風呂に入らずサッパリする方法

人目がつきにくくなる夜の就寝時

人目がつきにくくなる夜の就寝時も、非常に被害が多くなっており注意が必要です。

この時間帯は周りのキャンパーも寝ているため、キャンプサイトはより一層暗くなり盗難犯が動きやすくなってしまいます。

大切なキャンプ道具を盗まれないように、テントに鍵をするなどして、しっかりと防犯対策をする必要があります。

玉置恭一

住居の侵入窃盗同様、窃盗犯は留守か就寝時を狙うことが多い。キャンプという日常から離れた状況といえど防犯は日常同様意識することが重要です。

キャンプの盗難防止対策11選|防犯対策

キャンプ場でのおすすめ防犯対策11選は以下のとおりです。

らむね

できる対策からしていきましょう!

靴やサンダルをテントの入り口に置いておく

テントから離れる際は靴やサンダルをテントの入り口に置いておくことで、いかにもテントの中に人がいるように思わせることができる、非常に効果的な防犯対策です。

靴は予備の靴を持参したり、履き替えようのサンダルなどを上手く活用すると良いでしょう。

らむね

2足以上置いておくと複数人に見えてより効果的です!

テント内のランタンやラジオをつけっぱなしにしておく

日が暮れて暗くなってきてからテントを離れる際は、テント内のランタンやラジオをつけっぱなしにすることで、いかにもテントの中に人がいるように見せかけることができます。

ラジオでなくても音楽でも効果がありますが、話し声に思えるようなラジオの方がより効果的です。

玉置恭一

住宅の侵入窃盗の状況も約3割が空き巣、つまり留守中です。如何にテントの中にいるように見せるかは重要です。

テントやキャンプ道具に防犯ブザーをつける

防犯ブザーをテントのファスナー部分やキャンプ道具につけることで防犯対策ができます。

防犯ブザーのフックとストラップを結ぶことで、盗難しようとするとブザーが起動し大きな音がなるので、周りのキャンパーにも知らせる事ができ非常に効果があります。

防犯ブザーはテントを離れる時はもちろん就寝時の対策にもなるので、いくつか持っておきたい防犯グッズです。

らむね

普段の生活にも使えるので、持っていて損はないアイテムです!

暗闇対応の防犯カメラを設置する

暗闇にも対応した防犯カメラを設置することで、日が落ちて人目の付かない時間帯でも録画で盗難の証拠をしっかりとつかむこともできますし、離れているときもスマホなどで自分のキャンプサイトの様子を見る事ができます。

また、実際に起動するカメラを設置していなくても、カメラがあることを見せつけることで、防犯対策をしていることをアピールし盗難犯に近づこうという気持ちをなくさせる効果もある防犯グッズです。

玉置恭一

防犯対策をアピールすることはもちろん防犯意識が高い所有者のテントだと言うことを知らしめることでターゲットから外れる効果があります。

キャンプ道具をテント内に入れて鍵を掛けておく

テントから離れる際はキャンプ道具をテント内に入れて、テントの出入り口部分のファスナーに南京錠やワイヤーの鍵をすることで、テント内への侵入を防ぎ物理的に道具を触ることができないようにします。

万が一鍵を壊そうとしたりテントを破ろうとすると、時間もかかりますし目立ってしまうので、周りのキャンパーから確実に不審に思われるので盗難を諦めるでしょう。

玉置恭一

窃盗犯は怪しまれることを恐れてテントの所有者が取らないような行動をとることを嫌がります。錠を壊すことやテントを破る行為は避けたいと考えるはずなので施錠は有効です。

キャンプ道具を車に入れて鍵を掛けておく

簡単に車の中に入れる事ができそうなキャンプ道具は、車の中に入れて鍵をかけることで物理的に道具を触ることができないようにできます。

また、車内のキャンプ道具を隠すために布などを掛けておくとより効果的です。

キャンプ場で車の鍵を壊したり窓を割ってまで、キャンプ道具を盗難するのは非常に困難なため、かなりの盗難防止策になるでしょう。

らむね

高価なキャンプ道具から優先していれましょう!

お隣のキャンパーさんに声をかけておく

お隣のキャンパーさんにあいさつ程度でも良いので、声をかけておきましょう。

お互いに声を掛け合っておくことによって、なんとなくでも顔や雰囲気がわかるので、お隣さんと違う人がテント付近で怪しい行動をしていると盗難犯だと気づける場合があります。

お互いに気を付けあって安心して過ごす事のできる空間をつくりましょう。

玉置恭一

住宅でもご近所同士の挨拶ができている地域の犯罪発生率は低いと言われています。一時的なご近所さんでも効果はあります。

テントを離れる際は交代で行くようにする

ファミリーや複数人でキャンプに来ている場合、お風呂や買い出しでテントを離れる際は可能な範囲で交代で行くように心がけましょう。

テント付近に誰かがいるようにすることが最大の防犯対策です。

不用意にSNSなどで状況を知らせない

ツイッターやインスタグラムなどのSNSで、不用意にリアルタイムの状況を投稿しないようにしましょう。

高価なキャンプギアを持っていること、これからテントを離れることなどを投稿で知られてしまうと、場合によっては特定されて盗難にあってしまいます。

特にキャンプをする場所と日程を事前に明かしてしまっている場合は、特定がされやすいので要注意です。

玉置恭一

自らターゲットになるような行動は絶対にNG

管理が行き届いているキャンプ場を選ぶ

盗難を防ぐためには管理が行き届いているキャンプ場を選ぶことも大切です。

管理人が不在でだれでも入れてしまうような無料のキャンプ場よりも、しっかりと管理人さんがいて整備されたキャンプ場を選ぶ方が安心できます。

玉置恭一

不特定多数が出入りできる状況は犯罪発生率が高まります。
誰でも出入りできる環境は避けた方が良いでしょう。

キャンプ道具にシールやオリジナルのしるしを付けておく

キャンプ道具の盗難の目的は、大半が転売にあると考えられます。

そこで、キャンプ道具にシールやオリジナルのしるしをつけておくことによって、転売がしづらくなるので、盗難する気持ちを低下させることができます。

らむね

キャンパー同士でステッカーを渡しあうのも流行っていますね!

おすすめ防犯グッズ3選の特徴/機能性

紹介してきた防犯対策の中にもあった防犯グッズについて、おすすめを厳選して紹介していきます。

おすすめ防犯グッズ3選

らむね

南京錠や防犯ブザーはかなり安いので、買っておいても良いかもですよ!

【南京錠】日本ロックサービス ABUS 番号式南京錠 155 40

☆Amazon売れ筋ランキング上位!日本製のダイヤル式の南京錠

キャンプで南京錠を使う場合は、暗闇でキーを失くしてしまうおそれもあるので、キータイプではなくダイヤル式の南京錠を使うことをおすすめします。

この南京錠をテントのファスナーなどにつけて、盗難犯が入れないようにしましょう。

メーカー商品名日本ロックサービス
ABUS 番号式 南京錠 155 20
シルバー/ブラック
サイズ14x26x54mm
(長さx幅x高さ)
重さ約40g
材質亜鉛ダイキャスト・鉄
Amazon価格672円

【防犯カメラ】TP-Link WiFi ネットワークカメラ C310/A

キャンプに相性抜群!夜間撮影・防水・動作検知に対応した防犯カメラ

TP-Link WiFi ネットワークカメラ C310/Aは、300万画素とかなり高画質で夜間撮影にも対応した防犯カメラです。

また、屋外でも使えるように防水機能も備わってるうえ、スマホで様子が確認できたり動作を検知したらアプリに知らせるなど、キャンプの防犯対策に相性抜群となっています。

メーカー商品名TP-Link WiFi ネットワークカメラ
C310/A
接続技術無線
防水機能IP66防水
ビデオ形式MP4
保証期間メーカー保証3年
Amazon価格5,280円
  • 300万画素高解像度カメラ
  • 夜間撮影にも対応
  • 防水・防塵規格で屋外に対応
  • スマホで様子が確認できる
  • 動作検知でアプリに通知
  • メーカー保証3年

【防犯ブザー】レイメイ藤井 防犯ブザー 防水

フックとストラップが付いたテントや道具に結びやすい防犯ブザー

テントのファスナー部分やキャンプ道具に結ぶには、フックとストラップが付いている必要があり、なおかつストラップを引っ張ることでブザーが鳴るタイプでなければいけません。

そんな機能性を備えているのが、このレイメイ藤井の防犯ブザーです。

メーカー商品名レイメイ藤井 防犯ブザー防水
サイズW35xH53xD31mm
重さ約36g
音量92db以上
防水機能生活防水
付属品固定ベルト、安全ネックストラップ
テスト用ボタン電池
Amazon価格1,136円

まとめ:キャンプ場での意識を変えるだけでも十分に防犯対策できる!

この記事では『キャンプの盗難防止対策11選|盗難防止グッズで防犯対策をしよう!』について書いてきました。

紹介してきたとおり防犯グッズが無くても、ちょっとした工夫で防犯対策ができたりしますが、防犯グッズがあるに越したことはありません。

大切なキャンプ道具や自分の身を守るためにしっかりと防犯対策をして、キャンプを安心して過ごせるようにしましょう。

玉置恭一

住宅でもキャンプでも基本的防犯対策は同じと言えるでしょう。
どの状況でどのような手口の窃盗被害が発生しているのかを把握して有効な防犯対策を打ちましょう。
また、全ての対策が物理的な侵入を防ぐことはもちろん、防犯意識の高さのアピールとなります。
窃盗犯のターゲットから外れることが重要となります。

キャンプ知識に関する人気記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次